読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

http://www.emacswiki.org/emacs/BzrForEmacsDevs の The Bazaar Work Routine を適当訳

Emacs Bazaar

雰囲気だけ。

The Bazaar Work Routine
Bazaarでの作業手順

Overview of the Bazaar work routine:
Bazaarでの作業手順の概要

1. Tell Bazaar your name and email address; these will be used as defaults to identify your commits. (Usage: bzr whoami “Frank Chu <fchu@example.com>”)
Bazaarにあなたの名前とメールアドレスを伝えます。この名前とメールアドレスはコミットするときのデフォルトの識別子として利用されます。
2. Create a bzr shared repository locally, to hold all your branches.
ブランチを保持するためにローカルのbzrの共有リポジトリを作成します。

3. Create your first local branch: a mirror of the upstream project trunk (it will be “bound to” the upstream trunk; more on that below)
共有リポジトリ内に上流のtrunkのミラーとしての最初のブランチを作成します。(ブランチを上流のtrunkに結びつける方法については下の説明を見てください)
訳注:bzr bindのことですね。

4. Maybe create other branches for specific purposes (branches are cheap).
目的があれば作業要のブランチを作成します(ブランチは簡単に作成できます)。

5. Do trivial, single-commit work in your local trunk mirror and commit to upstream from there; do your non-trivial work in dedicated branches, committing locally as you go (more about that below).
CSVでは、一回のコミットで自分のローカルのtrunkのミラーと上流のtrunkにコミットが行われます。bzrではブランチで作業していた場合はローカルにコミットされます。(詳しくは下で)

6. From time to time, update to get upstream newness into your mirror branch (this is like cvs update), and then merge the newness into your dev/task branches from there (also sort of like cvs update).
時々、上流の更新をミラーのブランチに反映させたら(csv updateのようにね)、ミラーのブランチから開発/作業ブランチに更新をマージします。(やっぱりcsv updateみたいなかんじで)

7. When a task is finished (a local branch’s changes are complete), then either
作業が終わった時は(ローカルのブランチへの変更が完了した時)
  1. merge them into the master branch (if you’re a maintainer and have the necessary access rights ― this is analogous to committing in CVS), or
    変更をマスターブランチにマージします(もしあなたがメンテナで必要なアクセス件を持っていた場合 CSVでのコミットに似てますね)。もしくは
  2. package up your changes and send them as a “bundle” to the project mailing list (analogous to posting a patch).
    変更をひとまとめにしてメーリングリストに送ってください(パッチをポストするようにね

8. Receive feedback.
フィードバックを受け取ります。

9. Lather, rinse, repeat until the change is accepted.
変更が受け入れられるまでパッチを洗練させましょう。

10. If you did all this on a local feature branch, you can remove the branch now. The change history will live upstream.
ローカルの機能ブランチでのすべての作業が終わったらブランチを削除しましょう。変更履歴は上流に取り込まれました。