読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見出しに対応。

wiki-ikiのソースをぱくって見出しに対応した。h4/とかの/で終わる手続きを使いたかったからいろいろ試行錯誤した。 (list-ref '(_ h2/ h3/ h4/ h5/ h6/) 2) と (list-ref `(_ ,h2/ ,h3/ ,h4/ ,h5/ ,h6/) 2) の返り値って違うのね。シンボルと手続きじゃだい…

find-kahua-instance

(find-kahua-instance class slot-name slot-value)で使うときは、slot-nameが:indexでかつ:uniqueでないといけないらしい。 blog(3sq:59mvs)> (find-kahua-instance <article> 'title "test2") *** ERROR: value for key :index is not provided: (:allocation :pers</article>…

方針

とりあえず、wikiっぽいものを作って、だんだんblogにしていく。 wikiもblogも、基本は記事の編集、表示。wikiのkeyはtitle、blogのkeyは日付(これは日記であって、blogじゃないかも)なだけで、共通点がたくさんあるしね。 wiki-ikiのソース このwikiのentry…

blogの記事のkey何にしよ

key何にしよう。hatenaだと、日付と(year、month、day)とtitleっぽい。 あー、自分がないから、仕様が決まらない。。。 keyが決まれば、記事の編集削除の部分がさくっと決まるのに。

blog仕様

hatenaをまねしようと思う。 /blog/user/page-name で。

contとremote-cont

こいつら、ただのシンボルかよ!!一生懸命何かの関数だと思って探していたのに。。。orzこの二つって、redirect/contとかで使われていて、何なんだろなー?と思ったら、このシンボルを使って処理をディスパッチしてたわけだ。どんな処理をしているかは理解…

cssを使おう。

kahuaのチュートリアルとwiki-ikiのソースを元にcssを使う。アプリケーションの名前はblog。 まずは、templates/page.xmlのheadの部分を以下の行を追加。 templates/page.xml <head> <title id='title'>SAMPLE</title> <link id='css' /> </head> 次に、チュートリアルのstandard-pageを変更 (define (standard-page t…

define-entryの引数。

生成されるコードを見ると、sxmlを渡している。 (define-entry (greeting) (kahua:xml-template->sxml page-template :body (div/ (@/ (id "body")) (h1/ "Hello, Kahua!") (a/cont/ (@@/ (cont version)) "version")))) テストしてみた。 ; OK (define-entr…

blogの名前。

とりあえず、blogにした。 % kahua-package generate blog

作業が終わったら

% make install % kahua-admin update bookmarks で更新。

チュートリアル

何から手を着けていいかわからないので、とりあえず、チュートリアルを実行。 https://www.kahua.org/cgi-bin/kahua.fcgi/kahua-web/show/doc/Tutorialサイトバンドルを作って % kahua-package create /path/to/site アプリケーションを生成する % cd /path/…

つくるもの

blogにしよう。簡単そうだし。

インストール

インストール 環境は VMware Player + Ubuntu 6.10 VMWare Image 日本語版 参考サイトにしたサイトは https://www.kahua.org/cgi-bin/kahua.fcgi/kahua-web/show http://karetta.jp/article/blog/karetta-dev/010989 ”とりあえず試す”でインストールした。手…

Emacs

インストール Ubuntu 6.10のパッケージにはデフォルトではmule-ucsが入っていないみたいなので、せっかくだからCVS HEADのEmacsをとってきた。 % CVS_RSH=ssh % cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.savannah.gnu.org:/cvsroot/emacs co emacs-cvs-2007-2-3 ub…